太田市 曹洞宗 宗光山 玉巌寺

お寺の紹介

  • HOME »
  • お寺の紹介

お寺の紹介

寺伝

今から670年ほど前に世良田長楽寺開山の名僧栄朝禅師の法弟が、太田市の金山の東麓の景勝の地を選んで仏寺を建立し、その後新田義貞の援助のもとに寺運が栄えました。

この辺りは鎌倉建長寺の玉巌窟に似ていることから玉巌寺と称しましたが、その後天下は麻のごとく乱れ、堂塔も破壊されたのを見て天意長朔禅師は大いに悲しみ伽藍の再興を思い立って、金山城主、横瀬信濃守貞国の助力を仰ぎ、これを再建し新田義貞、義宗公の菩提を弔ったとされています。

七福神について

福禄寿は南極の星の化身で中国の福寿神と言われています。福禄寿は寿老人の原形ともいわれており、身長三尺、頭部は身丈の半分、つまり二頭身となっています。長寿延命や俸禄増大などのご利益があります。

当寺は上州太田七福神めぐりコースになっております。
ご自由に御朱印が押印できます。

上州太田七福神めぐりコース

 

お寺の写真

PAGETOP
Copyright © 宗光山 玉巌寺 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.